【マイコード検査結果編|遺伝子検査体験談】

私の検査結果

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-の詳細と注文はコチラ

 

がんの発症リスク

マイコードのがん検査は、「ヘルスケア」「がんパック」共通で38項目あります。

 

日本人で死亡件数の多いがん1位は、男性が肺がん、女性が大腸がんです。

 

ほかに多いのは、胃がん、肝臓がん、膵臓がんなどです。

 

男性の場合は前立腺がん、女性の場合は乳がん、子宮がんも気になります。

 

私の場合、以上のようながんについては、そんなに発症リスクは高くないと出ました。

 

しかし、ホジキンリンパ腫という聞きなれない病気のリスクが、日本人平均の2.57倍ありました。

 

ホジキンリンパ腫

 

白血球のがんの一種らしいです。

 

リンパ節が腫れるようなことがあったら、早めに受診しようと思います。

 

生活習慣病

脳梗塞、心筋梗塞はがんとともに日本人の死因の上位を占めます。

 

動脈硬化、糖尿病、肥満、高脂血症など、ほかにもいろいろある生活習慣病。

 

マイコードの検査は19項目です。

 

私はどれもそんなに高くありませんでした。

 

しかし、がんも生活習慣病も発病は、遺伝要因×環境要因で決まります。

 

環境要因というのは食生活やストレスです。

 

生活習慣病に比較的なりにくいことはわかりましたが、それで安心して暴飲暴食を続ければ、やはり生活習慣病になります。

 

無理な節制までする必要はなさそうですが、休肝日を作り、お腹周りを少し絞っていくつもりです。

 

その他の病気

ベーチェット病の発病リスクがかなり高いと出ました。

 

日本人平均の4.53倍もあり、同じ遺伝子型を持っている人は100人に1人だそうです。

 

ベーチェット病

 

治療法がなく、最悪は失明するので、怖い病気ではあります。

 

しかし、遺伝子が存在するだけでほぼ発病が確定するような病気は検査に含まれていないので、そこまで心配はしていません。

 

アルツハイマー型認知症やパーキンソン病の検査もありますが、私は発症リスク低でした。

 

体質

マイコード「ヘルスケア」の体質検査項目は130もあります。

 

お酒が好きで、顔に出ず、コーヒーも好きというのは当たっていました。

 

興味深いところでは「長生きする可能性」があります。

 

かなり長生きする可能性が高いとの結果が出ました。

 

ただし、あくまで一部の遺伝子面からだけの話で、どんな生活を送るかとか、他の病気が出るかで出ないかも関係します。

 

寿命予測というほどのものではないことは理解した上で読んでほしいという趣旨の注意がありました。

 

祖先

日本人はわずかな例外を除いて、ほとんどの人が9つの祖先グループに分類されるそうです。

 

遺伝子分析により、自分がどの祖先をもつのかがわかります。

 

これはマイコードの場合、「ディスカバリー」で検査できます。

 

また、「ヘルスケア」や「がんパック」の受診者は後から割安で「ディスカバリー」を購入できます。

 

私もそのうちやってみようと思っています。